キッズの悩みを解決したい!脱毛の種類や要点まとめ

毛深い悩みは子供にだってあるでしょう。主に女の子では、小学校高学年にもなると無駄な毛を気にする子供が/増えて剛毛ことでいじめにあってしまうこともあることでしょう。
キッズの悩みは解決させたいで、どのような方法を取ればいいのかわからなかったり、成長過程にあるこどもには特別なケアが必要なのではないか等気がかりを感じ取る人も多いのではないでしょうか。ここでは、成人のの脱毛方法として普通に行われているやりかたをみながら、キッズの脱毛関して留意するべき点を検証していきます。



マイホームで単純にできるムダ毛処理

そもそも、コドモが毛深くなるのは通常は遺伝によると思いますが生活スタイルが要因となっているような時もありますね。日々の習慣が原因となっているような時でだとしたら脱毛をやるのではなくその要因を取り除くことが大切でしょう。要因となる日々の習慣として、運動不足・睡眠不足・ストレスをためこむ等を挙げることができますが、それらはすべて男性ホルモンの分泌を増やすもので、男性ホルモンの増加が毛の濃いのを引き起こしているですね。これに対して遺伝が毛深さの要因となっているケースには対処療法しかありません。ムダ毛処理して毛深さを気にならなくさせることになることでしょう。脱毛するのは自分の家でもありうるで、やさしく実行できるムダ毛処理法はまずかみそりを挙げることができるでしょう。シェーバーは最も気軽で有効性がある点が長所です。
効果という良い点を持つものとしては、脱毛ワックスもあると思います。しかし即効性のあるこの2つの方法はその分肌への負担も大きく、特にまだ皮膚が弱いキッズでは肌荒れや炎症につながる危険性もあります。
それと比較すると、脱毛クリームは即効性もあり肌への負担も減少します。しかしこれも、むだ毛を物理的に溶かすものなので刺激が少しもないというのではなく、敏感肌や乾燥肌・アトピーのあるキッズに使う場合注意が必要でしょう。また電気シェーバーを使う方法もあります。電気シェーバーはかみそりに比べると肌への刺激は少なくてすみますが、比較的早期の段階でまた目立つほどの毛が生えてきてしまうのが悪いところでしょう。



キッズの医療レーザー脱毛について

キッズの脱毛は、美容外科や脱毛サロンを利用するというケースもあると思います。脱毛に関する年齢制限というものは特に定められていないため、キッズ・親・美容皮膚科や脱毛サロンの担当者との話し合いで、医療レーザークリニックや脱毛エステでの脱毛処置を受けることも可能適切となります。最初に子が医療クリニックを活用するパターン例ですが、この場合はレーザー脱毛を受けることになります。
レーザー脱毛とは、特殊な光を照射し毛根やその奥にある毛を生やす細胞自体を壊すことで脱毛するやりかたです。
病院でしかできない大きなパワーを持つ脱毛方法で、脱毛効果はすごいですがだけれども強い痛みを伴います。
よって子供にこのような施術を行うことについては各クリニックで意見が分かれていて、一定の年齢以上であることを条件としているクリニックもあれば、出力のレベルを調整することで小学生にも施術を行っているクリニック等さまざまです。



脱毛サロンでもできる!コドモのムダ毛処理の特徴

我が家で処理するのではなくプロに任せるやり方として、脱毛エステの活用もありますね。脱毛エステにも年齢制限はないので、この頃では小学生のみならず3歳から対処している脱毛エステもみるようにようになりました。
脱毛エステでは、特別な光を照射することで毛根の細胞を破壊しムダ毛が生えてこないための光脱毛という脱毛方法をとっており、お子様に対する施術もだいたいには大人と同じです。
でも、小学生や中学生の肌は成人の半分から3分の2程度の厚みだけといわれ、また成長期のホルモンバランスの不安定さから敏感であるという特徴があるようです。脱毛サロンにおける子供に対する脱毛方法には、なるべくキッズの肌への刺激を減少するという気配りがされています。例えるなら子供専用の脱毛コースの設置です。そこでは、やけどや痛みの危なさを最小限に抑えるため、出力を最小限にセーブした通常の光脱毛よりもダメージの少ない脱毛器を利用しています。



ムダ毛処理の危なさや気をつける点を知っておこう

ここまで、毛深い悩みを解決するやりかたに歳による制約はないということをみてきました。しかしいずれのケースどんな時でも対象はコドモであるということを忘れるわけにはいきません。育ってる過程であるコドモの肌は、もろ大人に比べて敏感で傷つきやすくなっております。どれほど気をつけていても、火傷や炎症のトラブルが起こる確率は高いいえますね。その上もし炎症を起こした場合、その後に紫外線を浴びてしまうと色素が沈着してしまう危なさもあるのです。さらに脱毛サロンに通っている間も終了しても効果を上げるため日焼けをしないという抑制を受けます。成長期遊び盛りのキッズに、このような制約を加える意味についても考慮する必要があるでしょう。また脱毛は毛の細胞の生え変わる周期に合わせてやりますが、まだその周期が不安定な子では、余計に時間がかかったり効果が出ない心配さえあるでしょう。悩んでいる子供の心に寄り添い、ひとりひとりの手法の持つメリット・デメリットを検討したうえで、子どもにピッタリの解決方法を見つけてあげて欲しいです。